様々な対応が可能になる

先生と生徒

アフタースクールに参加させている家庭は、共働きが多く、なかなか勉強を見てあげることができない環境にある可能性が高いです。この場合には、アフタースクールの方でしっかりと子供の面倒を見てくれるのが特徴と言えるでしょう。例えば、宿題をやらせる場合がこれに該当します。学校の宿題をアフタースクールに持ち込み、担当している先生が教えるのが特徴になります。そのため、学力に不安を感じている場合でも安心して預けることができるでしょう。学校と異なり、学年ごとのクラスが編成されているわけではなく学年がバラバラになるのが特徴です。それだけでなく、他の学校の生徒とも出会うことが可能になります。これにより、横のつながりだけでなく縦のつながりもできるでしょう。

サービス内容はどうか

English

アフタースクールでは、様々な経験をさせてくれるのがサービスの1つといえます。宿題の例もそうですが、普段子供たちが学校で経験することができないような社会学習のようなことも体験できると言えるでしょう。よくある例としては、都会にあるアフタースクールにもかかわらず、田舎に行き川遊びをさせてくれる所やハイキングなどに連れて行ってくれるところもあります。それだけでなく、クリスマス会なども開かれるでしょう。これらのサービスがあることにより、家でひとりでいるよりも、様々な体験をすることができます。これにより、人格形成が可能になるでしょう。もちろん、参加するかどうかはその家庭によっても異なります。強制参加を採用しているところは、滅多にありません。

料金の仕組みはどうか

レッスン

料金の仕組みが気になる親も多いはずです。アフタースクールでは、その場所によって料金が異なりますがそれほど高いところはありません。何故かと言えば、大抵のところはボランティア活動やNPO法人が行っているからです。つまり、営利法人として行っている例が非常に少なく、どちらかと言えば公立の学校の施設に近いと言えるでしょう。そのようなところに預かってもらうと、1ヵ月あたり10,000円以下になることが多いです。そのため、金銭的な負担が大きくなる事はまずありません。もちろん中には民間のところもあります。民間のところは月20,000円位かかることもありますが、その分サービスが充実していると言えるでしょう。毎月の月謝は概ね決まっていますが、必ずしも毎月同じ金額になるとは限りません。例えば、キャンプファイヤーなどに参加した場合は交通費等がかかるだけでなく材料費もかかります。夏休みの宿泊等がある所では、その分余分にお金がかかると考えて良いでしょう。

広告募集中